WORKS

2014

「雲根過影」(うんこんかえい)

奈良県立美術館にてインスタレーション 蛇紋岩・砂・鉛・糸・綿・合成樹脂

東洋には「雲根過影(うんこんかえい)」という哲学があります。石は宇宙の霊気を帯び、雲と石とが有機的に繋がりあっているという思想です。
石は、雲を通じて母なる宇宙に地球の現状を伝えているような気がします。
自然に謙虚に向き合い、自然に学び、全体を理解することで、人類が次のステージに立てると信じています。石・雲・宇宙の繋がりを造形化し、全体性の回復を視覚化した作品です。

一覧ページに戻る